大砂行政労務事務所の経営理念

事務所指針 「すなお・プラス発想・勉強好き」
経営理念 私たちオオスナグループは、 全従業員の物心両面の幸せを追求するとともに、 人に働く喜びを提供し、 関与先企業の永続・発展に寄与して、 社会の発展と地域の活性化に貢献します。
行動指針 「感謝・謙虚・信頼・奉仕」

代表あいさつ

 大砂行政労務事務所は代表者である大砂彰が、昭和63年1月8日に 社会保険労務士・行政書士として開業しました。

 現在、大砂行政労務事務所は、スタッフ数播磨地域NO.1の 社会保険労務士・行政書士事務所となっています。平成18年より 労働問題判例研究会を主宰。日夜勉強と実践を重ね、経営者を守る視点での 労務問題・労働組合問題の対応は兵庫県下有数の実績を持ち、兵庫県下のみならず、 大阪、京都、神奈川など遠方からも社長自らが相談に来られます。

 平成10年2月、人材コンサルティング会社 株式会社アシストを創業、 現在は人材コンサルティング会社の代表取締役です。 派遣先や派遣社員との労務問題が起きない、大砂流労務管理手法は、 クライアント企業から絶大なる信頼を寄せていただいております。

 労働基準監督署の是正勧告に対する「是正報告書」の内容は、 労働基準監督署ならびに依頼先事業所から信頼が高く、また、 地元では「助成金活用」のことなら、大砂事務所に聞けと言われる程、 身近で親しみがある事務所としてお仕事をさせていただいています。

 また講師をするセミナーでは、地元の宍粟、姫路、西宮だけでなく、 大阪、広島、名古屋でも労務問題、組合問題、人事評価制度等を テーマに開催していて、毎回好評をいただいています。 (HPをご参照下さい)

 セミナーの内容は常に経営者側の視点で、「人づくりと明文化が 繁栄企業の礎」をテーマに、実践に裏付けられた講演を行っています。 講演を聞いていただいた多くの企業経営者の方々から、『机上の空論 ではないので、講演を聞いたその日から自社に活用ができる。 勇気と希望をいただきました』等のお声をいただいています。

 当事務所は専門化をさらに推し進め、経営者の皆様に常に良質な サービスを提供できるよう、これからも日々研鑽に努めてまいります。


代表 大砂 彰 紹介

昭和28年12月15日生まれ。

将来は自分の家を持ちたいとの考えから,大学卒業後、住宅会社に勤務。
勤務初月から分譲地を販売し、入社したその年に日本ホームビルダー住宅販売コンテストにて 新人賞を受賞、入社月から退社月まで、会社紹介なしの飛び込みセールス一本で営業活動を展開し、 退職まで1度も営業成績がゼロの月が無い、超優秀セールスマンとして勤務。

昭和52年10月にたった一枚の求人広告が縁で山崎町商工会 (現:宍粟市商工会)に勤務し、経営指導員として会員の拡大に絶大な成果を上げた。

大砂彰は「有言実行」、「言行一致」を座右の銘として 自らを厳しく見つめ直し、日々努力を重ねています。

主な所属団体と公職
・龍野労働保険事務組合連絡協議会

・宍粟市商工会  ・龍野商工会議所

・姫路商工会議所

・盛和塾神戸(塾長 稲盛和夫氏) 塾生
・宍粟市コンプライアンス委員会 委員

・宍粟市公務災害等認定委員会 委員長

・宍粟市行政不服審査会 委員長